日々の萌えを叫びます。そのとき思ったことをつれづれに 。 過去の記事を整理しました。<091003
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by 睡 (sui)
 
[スポンサー広告
エウレカセブン
「アーイ キャーン フラーイ !!」
って思わずピンポン!?とか突っ込みましたが。

あの、これ朝7時に放送なんてもったいないんじゃ。

なによりそんな時間にわたし 起 き れ な い orz

ちょっと興味あったので見てみるかーという軽い気持ちで観たのですが。

オ モ シ ロ イ!!

こんなアニメ待ってました。

綺麗な絵。
心躍る世界。
健康的な主人公。
かわいいヒロイン。
テンポよい展開。

なによりなにより
ホランド(29歳)オトコマエ!!!
なんなんですかあのオトコマエ。
朝っぱらからひとりで興奮してしまいましたが。


初回放送を見逃したので話の内容は良くわからなかったんですけどすごい素敵なアニメだと思いました。
観ててわくわくする。
ハイクオリティ。
これ見てるとなんかついつい種デスと比べてしまうんですけどー。
朝からこれ見たら1日が元気に過ごせるかもしれない・・・。

君、最高だ。俺は君が好きなんだ!君だから出来たんだ!!君じゃなきゃ、ダメなんだ。
俺は君が大好きだ!!!

なんて可愛らしい主人公。


USENの無料配信っていう手もあるし見逃しても安心ですか?
とにかく内容把握しにちょっと公式ページ行ってきます・・・。


ねだるな。勝ち取れ。さすれば与えられん。

いい台詞ですね。
このアニメ心にぐっとくる台詞たくさん出てきます。

スポンサーサイト
Posted by 睡 (sui)
comment:2   trackback:1
[アニメその他
GSD27話:届かぬ思い
ギチョー!!アナタすっごく黒幕くさいです。
あなたが黒幕としたらそれにいいようにあしらわれているアスランが本当の阿呆ということが決定してしまうのですが・・・!!
素敵に議長とジブちゃんつながってそうな雰囲気の27話でしたが、たった数分のご出演でいろいろ楽しい演出をありがとう。

それでは感想を。
・・・今回こそ楽しくいきたい感想です。


◆議長の思惑◆
黒い・・・黒すぎます。
これでもかというほどに自分が黒いことをアピールしていましたが、ここまであっさり暴露していいの?
ラクスとキラを指して奴らとかいってました・・・よ?普段なら彼らでしょうアナタのキャラなら。
そっかーそんなに2人が目障りだったのか

しかしよりにもよってラクス・クラインの名を騙ってシャトルを奪うとは・・・
大胆な真似をするものだ。


オマエモナー!!!
そのことばを素で言える議長は間違いなく黒幕だー!!
うん。そっくりそのまま同じことをしている議長もそう感るわけだから、アスランもミーアの件もうちょっと何かこう、感じてください。(ホントに頼むよ)
だって議長もこういってるじゃん。

そんなことをする理由はひとつだ。
彼女を使ってのプラント国内の混乱だ。


そう。どんなに言いつくろったところで、ラクスの偽者をでっち上げた時点で彼は怪しい。それなのにあっさりだまされちゃって馬鹿な不憫なアスラン・・・。


◆タリアのアスラン考◆
タリアさんの台詞が
彼が実に真面目で正義感あふれるよい(とても扱いやすい)人間だということは私も疑っていないわ。
私にはこう聴こえました。
どうしてもみんながアスランを弄んでるような気がして仕方ないんですが。


◆ところ変わってAA◆
ミリアリアがAAに戻ってきました。
大切なものを守るために。
彼女は素敵な女性に成長しているようでした。可愛いなあミリアリア。

エルスマンは?
振っちゃった


なんて語尾に☆とか♪とかつきそうな勢いでしたよ不憫なディアッカ・・・。
(こういうフリがあるということは今後ディアッカ(とイザーク)の出番があるって期待してもいいんですよね?)


またオーブ軍とミネルバが戦うということに苦悩するカガリ。
そこでキラは行こうとカガリを促します。

まず決める、そしてやりとおす。
それが何かをやりとおすときの唯一の方法


これがキラとラクスの方法なんでしょうね。
一度やりたいと決めたことに対して実現するために考え得る方法を行動するのが彼らのやり方。
例えその行動が間違っていたとしても行動しなければ何もかえられない。
武器を持って戦うという行動を起こすことは人の命を奪う罪を避けられないけれど、それでも守りたいもののために。
確かにそれも一理あると思います。
アスランをみていると何が正しいのか悩みすぎて何も行動を起こせなくて、そしてただ流されるだけになってしまっているので。
アスランとキラ、どっちの方法が正しいかなんて決められることではありませんが、AA側の決めたら行動あるのみ、という方が私は好きです。
どっちかというとシンもこの方法で意思決定するよね・・・。彼の場合はもうちょっと考えてもいいと思いますが。


カガリに席を譲るように言うミリアリア。

どいて。アナタには他にやることがあるでしょう。

確かにカガリにはやるべきことがあります。
けれどもそれってガンダムに乗ることじゃ・・・ないorz

カガリ・ユラ・アスハ、ストライクルージュ出るぞ!

にポカーン( ゚Д゚)とさせられました。
そっか。売上のために出撃か・・・。
来週カガリはどんな行動に出るんですか?予告短すぎてさっぱり予想できませんでしたが(汗)


◆連合の少年達◆

すっかりステラのことは忘れてバスケットなんてしてる2人ですが。

なーんか忘れているような気がするんだよなぁ

心にぽっかり喪失感のアウル。
彼らの悲劇は、たった一つ、だれにも奪えないはずの記憶さえも人の手によって奪われてしまうこと。
記憶と思い出が、人間のアイデンティティーに他ならないわけですから、それを奪われて、けれど理不尽なその事実に気付くことさえ出来ない彼らは見ていて哀れです。



なんだか最近寝ても覚めてもアスランです。
キラに安心できるようになったら次はアスランが気になってしょうがないんですが・・・。
はやく正気に戻ってアスラン!!
どう考えても議長にだまされてるから!
このままでは痛い目を見るのはどうかんがえてもキラじゃなくて君だから!
27話の君の自主的な行動って悩んでるシーンしか無かったよ?


来週はまたタイトルがとっても恐ろしいですね。
残る命、散る命・・・
散ること決定ですかorz
Posted by 睡 (sui)
comment:0   trackback:4
[SEED&S・DESTINY
GSD26話:約束
今週はとても楽しく観ることが出来ました。
主人公はきちんとシンだったし(後半のビッグカップルの活躍に目をつむれば)、これぞ私の求めていたDESTINY。多分。
しかし最近ストレスが無いと物足りなく感じる気もするDESTINY。
そんな私はもしかするとあのへたれた演出がとても気に入っているのかもしれません(そんなバカな・・・!!!)

26話はさらっと楽しく感想いきたいと思います。

◆シンとステラ、運命の再会◆
シンとステラの関係は、恋とかそういう印象ではなくとてもピュアなかんじがします。
ステラがあまりにも幼いからそう映るんでしょうか。
みてるともどかしくて切なくて応援してあげたくなる、そんな2人です。
ある意味傷の舐め合い的関係ですが、それでもそれがいい方向に進んでくれればいいな、と。
とにかく幸せになって欲しいですステラには・・・。


撃墜したガイアのコクピットに血を流して横たわるステラの姿をみつけ、動揺するシン。

その前にハイネさんを障害物扱いして爆破させたのはステラ(ガイア)なんですけどそこのところはさらっとスルーですか?シンとアスラン。
シンはおいておくとしてもアスランはかなりハイネの死にはダメージを受けていたはずですが。間接的理由であるキラにはかなりきつくあたっていたようですけれどどうなんですかアスランさん?


軍規違反も何のその、ステラをお姫様だっこしてミネルバ医務室に搬入。
「守る」という約束をその他のどんなしがらみも無視してきちんと果たそうとためらわなかった素直なシンは、悩んでどつぼにはまっているアスランと対照的です。
個人的シン好感度かなりUP。

シンは怒られるとわかってただろうけど、でもためらわなかった。
それでこそシン!・・・ですけどそれって軍人ではない・・・よ。なんであんなんでアカデミー卒業できたんだ。しかも赤・・・

艦内に甚大な被害が出ていたらどうするつもりだったの。
―――申し訳ありません


絶対悪いと思ってないね、シンくん。
軍規なんてくそ喰らえ!って自分が正しいと思ったことをやるところは非常にガンダムの主人公らしいと思うのですが、 ガンダムの主人公らしい=軍人らしくない ですからシンも(軍人として設定された)立場上大変ですね。シンってば主人公らしくあればあるほど軍の中ではバカっぽく映るそんな悲劇な設定。でもそんな君が好きです。


ステラが自分のことを覚えてなかったり、エクステンデットだったりと驚くことばかりのシン。
守ると約束した相手が、憎むべき敵であったという矛盾を突きつけられたシン。
世の中単純に一つの側面しか持っていないものは無いのです。
きっとシンの成長ストーリーはここから始まる(はず)。もう26話ですけど。

ステラが今後どうなるのかとても気になります。
このままミネルバにいつづけることは出来ないし、また離れ離れになっちゃうのよね・・・切ない。シン、約束どおりしっかり守ってあげてください。


◆連合家族の危機◆

2人からステラの記憶を・・・

・・・ってネオさん2人からステラの記憶消しちゃうの!?
それは多分そうしなきゃ不安定なエクステンデットが生きていけないという優しさからかもしれないけれど、それではステラは一体どこへ帰ればいいの・・・!!

ステラがシンのことを思い出したように何かのきっかけで記憶がよみがえるということは記憶の削除ではなくて封印という感じなのでしょうか・・・。
なら、お兄ちゃんズのステラの記憶もきっと戻るよ、ね!
そう信じさせてください。お願い・・・。


◆ラクス再起動◆

ついにラクスも自分の道を歩き始めました。
しかしキラとラクスはもう円熟カップルですね。
さりげなくラクスの腰にまわされるキラの腕・・・。
お互いに信頼し合える関係。
素敵!!
アスランにも君の爪の垢煎じて飲ませてやるといいよ。
アスカガカップルと同じだけの時間を重ねてきたはずなのにこの差は何・・・。多分アスカガが異常なんですね(-_-;)かれらはむしろ退化していると思う。

プラントの様子を探りに旅立つラクスさま。
ラクスさま偽者のラクスの偽者になりすます。
・・・なんかややこしいな(笑)
虎さんが関西弁!
ってか、本物のお付きの人はそんなに上手じゃありません

ミーアさんは偽者にふさわしいベタな反応してましたね。
アスランと初めて出会ったときとキャラ違いますけどまあ予想できた反応でこのままだととってもいやな結末が待ってるような気が。

ラクスの乗るシャトル絶体絶命!!のときにかっこよく現れるフリーダム。
いっつも最後のいいところ持っていくなあ。

僕も一緒に・・・

って、久しぶりに自分のわがままをいうキラさま。
こんな演出をまってました!!
いままであんまりに超越した存在でしたからちょっと安堵感。


新EDはなんだか大団円という感じでしたけどまだ第3クール・・・。


来週はラクスさんはやくも帰還しそうな感じでしたがもしかして乗っていらっしゃる船はエターナル?また強奪しましたか?
きっとついでに新型フリーダムお持ち帰りしてくるんですね?

アスランはやく迷いのどつぼから抜け出してー。

・・・ぜんぜんさらっとした感想にならなかった(汗)
Posted by 睡 (sui)
comment:2   trackback:1
[SEED&S・DESTINY
GSD25話:罪の在処
アスランをぶんなぐりたい。

この一言に尽きる第25話。
こんな感想が第3クールの始まりで(個人的に)とっても先行き不安。
私の推奨CPの危機 で す ・・・ orz
キラが今回一発殴ってくれていたらすっきりしていたのに…。

というわけで外出していて見るのが遅くなってしまったけれど、無事録画できていて一安心の25話感想です。


◆キラ(とカガリ)とアスランのすれちがい(決着編)◆
続・前作主人公会談。

アスランはどこまでいってもプラント市民でしかありえないんだな、と。

そしてどうやらぎちょーバンザイ!!な様子
キラとの決定的な違いは同じコーディネーターでありながら1世代目か2世代目かというところでしょうか。
もしくはプラントで生活したことが有るか否か。
アスランってキラがコーディネーターじゃなかったら親友になってたのかな・・・
自分の身内(身近)にナチュラルがいないからプラント視点で物事をみる。
それ自体はヒトとしてあたりまえのことなんでいいんですがそれでもちょっと切ない展開。もうちょっと歩み寄ってくれ。
キラは自分がコーディネーターでありながら両親はナチュラルだから固定的な視点でモノを見ないんだろうね・・・。
そのあたりがキラとアスランがどこまで行ってもすれ違っちゃう要因なのでしょうか。求めているものは一緒なのに。<今のアスランは若干ずれているような気がしますが。

戦って撃たれて失ったものはもう二度と戻らないから
その言葉を受けて憤るアスラン。
自分だけわかったような奇麗事を言うな!
おまえの手だって既に何人もの命を奪っているんだぞ。


アスラン馬鹿!!


あの うん、知ってる
のところのキラの泣きそうな切ない表情みてアスランをぶんなぐりたたくなりました。

わかっていて、だからこそ、もう何も理不尽な力によって奪われるべきではないとキラは伝えたわけで。アスランもそう思うよね、といいたかったんじゃないかな。
それをそんな台詞で返すのはちょっと違うんじゃないか、と思ったり。
というかハイネについては悲しいことだとは思うんだけど本当にキラのせいじゃなくてただの不注意・・・
あれかなりキラ傷ついたよ。
アスランをぶん(以下略)。

つーか君たちいいたい事をその場その場できちんと言って解決していかずになあなあで終わらせるからちょっとした言葉でぷちんと行くんだよ。
ずっと一緒にいて何もかも分かり合えてたころとはもう違うんだよ。

この話し合い、アスランがどうしてもプラントを正当化したいと頑張っているように見えて仕方がなかった。

平和のために戦うこと自体をとめたいキラと、
平和を得るために戦うことを決意したアスラン。

理解は出来ても納得できないこともある。俺にだって――。

はいすれちがい決定ー。
私この展開に堪えられないと思っていたんですが意外にすんなり納得してしまいました。
キラとアスランは進む道が違うんだ、ということはこの会話で理解できたので。

しかしアスラン、カガリの指輪見るたびに苦い顔して顔を背けるのはやめて下さい。
ほんとに殴りたくなるから
カガリも一発やっちゃってよかったと思うよ。
「お前、私を守るって行ったくせに勝手なことばっかり!!」
とかなんとか。

すれ違った道、もう一度重なるときが早く訪れてくれればいいです。
そのためにもアスランは誰かの意見にのっかかるんじゃなくて早く自分の意思で行動して欲しい。


◆連合3人組◆
アウルが自爆ブロックワード(と思われる)「母さん」で恐慌状態、さらに「母さんが死んじゃう」発言ででステラに連鎖。
オクレ兄さんっていつも大変ですね。
以前よりステラの恐慌ぶりがずいぶんとましだったのはシンとの出会いと言葉(守る)があったからですね。
記憶がなくなってもそれだけ大切な出会いだったようで安心しました。
メンテナンス後のハンカチポイ捨てにかなり切ないものを感じたので。


◆レイの思い出◆
レイってば若かりしころの仮面隊長に手をひかれていませんでしたか?
手ひかれて仲良く・・・兄弟?
↑と思ったら手つないでるんじゃなかったみたい(汗)
凄い妄想フィルターで見てたみたいです・・・


彼と議長の間で一体この後どのような愛の交歓お付き合いがあって議長に抱きつくほどの仲良しさんになったのか非常に気になります。もちろんいつかあかしてくれるんですよね?
ちっちゃいレイ可愛かった。
クルーゼ隊長赤服にあわなーい。
議長ってばおめめパッチリでしたね!!



いつもキラとアスランのことしか書いていないような気がする・・・。
他にも色々思うところはあるんだけどキラ(とアスラン)でいっぱいいっぱいです。

来週はラクスと虎さんがプラントへ行くようです。
AA組は本格的に動き始めるようで結構第3クールは期待しているんですがどうなるのでしょうか。

Posted by 睡 (sui)
comment:2   trackback:3
[SEED&S・DESTINY
GSD24話:すれ違う視線
・・・おまえらはほんとに親友なのか、恋人なのかと問いただしたい24話。

あれだよ。
君たちは携帯電話でも持って1日1回電話し会うのがいいと思うよ。
そうすればこのもどかしい感は解消される気がする。
それで世界は救われる!!


今作になって無敵なキラ様と相変わらず進歩の無いアスランがついにお話し合いをするということでとても楽しみにしていました。
すれ違う視線
タイトルからしてとてもよろしくない予感がするのですが。
・・・希望は捨てずにいってみよー。


ほんと何やってるんだよオーブは。
馬鹿なんじゃないの・・・!

前々から思っていたんですがシンのオーブ(に関係する)批判はかなり的をついていていつもドキドキします。
あれでもうちょっと大人なら素敵なキャラなんだと思う。
せっかくの鋭い台詞も命令にことごとく反論している馬鹿子供っぽさで台無しです・・・。

赤のナイトが姫を探しています
・・・姫。
それはどなたのことですか!!
アスランカガリよりもむしろキラに逢いたそうでしたけど・・・。
もはやキラは姫って言うより女王様ですよね


◆キラ(とカガリと)アスランのすれ違い◆
キラを批判するアスランとアスランを批判するキラ。
あの会話を聞いて親友同士の会話と誰が思うでしょう・・・。
不自然すぎる。
すれ違い気味の恋人同士はともかく、アスランとキラは10年近くずっと一緒に成長してきたんだから今は立場が違ってももうちょっとなんか暖かい雰囲気があってしかるべきだと思うんですがどうなんでしょう。

君がしなければいけなかったのはそんなことじゃないだろう。
戦場に出てあんなことを言う前にオーブを同盟になんて参加させるべきじゃなかったんだ――

えー。
アスラン、正論ですが君はまずそんなこと言う前にカガリが好きなのなら("愛してるなら"と書きたいところですがどうしても書けないです違和感あります)

「どうしてユウナと結婚しようなんて馬鹿なことを」

だと思うのですが…。
政治とかどうこう以前に是非聞いてあげてよそこを。
カガリはアスランに逢えるとわかってとても嬉しそうだったんですよー。
乙女心なんてみじんも感じ取れない恋愛オンチには過ぎた期待ですか。
そしてその後に「辛いときに傍にいてあげられなくてごめん」発言があって初めてカガリを批判するのが順当かと思うんですが。
たぶん言っちゃったあとにカガリの指を見て後悔したんだろうけどとき既に遅し!

ちなみに何かを知らないのも間違えているのかもしれないのもアスランかもしれません。

決定的に彼らはコミュニケーション能力に欠けていますよね。
このまますれ違ってしまうのか。
この展開これから見つづけるのが辛い・・・。
正直二人の対立は前作でおなかいっぱいです。


◆アスランの成長◆
前作メインキャラで結局全然成長できていないアスラン。
キラは
もう誰も死なせたくなかったから
正しい道はわからないながらもまた進みはじめた。

キラは一度決めたら引かないタイプなので安心なんですがアスランはあっちへフラフラこっちへふらふらしがちですからねえ。

アスランに足りないのはきっと大切なものを信じぬく気持ち。
色んな人の言葉に踊らされすぎている気がします。
素直すぎるのも問題だよ。



今回は消化不良気味。
次週も合わせてみるといろいろ見えてくるでしょうか。
キラとアスランにも一応の決着がみれるといいのですが。

ユウナのおねむ姿がとても気になります。期待を裏切らない演出ですね。
レイはやはり仮面隊長と関係があるのか。

今週もキラとアスランの運命でした。
Posted by 睡 (sui)
comment:2   trackback:1
[SEED&S・DESTINY
キラについて考える
ゆえに許されないのだよ君という存在は

という前作の仮面隊長のお声にうなずきそうになる運命におけるキラ様。
今作の彼はもはや様なしでは呼べないくらい神々しいおすがたに成長されてしまってキラファンとしましては正直に喜べば良いのかストーリーを引っ掻き回しやがってと憤れば良いのか複雑な心境です。

というわけでキラについて少々思うところを。


◆キラのゆく道◆

運命のキラは何故あれほどまでに前作との違和感を感じるのか?

今作のキラは色々なところで目にする意見ですが「無敵」な存在に見えることは否定できない。
しかしながらキラ好きな私としては否定ばかりするだけじゃ寂しいものがあるのでキラについての肯定的な考察を以下に記述してみます。

前作と比べてキラはどのように変わってしまったのか?

と、考えると実は意外に変わってないような気が今ふとしてしまった・・・。
前作の彼は主人公ゆえに内面の葛藤が多分に表現されていたわけですが(というか彼とアスランの心の葛藤がSEEDの醍醐味だったというか)今回のキラは立場上ただの前作の主人公(たぶん)というだけなので内面描写は全くといって良いほどない。少なくとも私という視聴者に伝わってこない。
なので今作の彼は視聴者にとっては何を考えてるかわからない存在に見えてしまう。
彼の無敵っぷりと行動の意図がよく理解できず、今作では非常に違和感を感じますが、そもそもキラって前作から殆ど規格外の戦闘能力を持ってましたよね・・・。ザフトのエリートパイロット操るガンダム4機と互角にやりあうなんてはっきり言って無敵ですねよく考えれば。ただありえないようなアホなポカを多々やらかしていたのであまりそう感じなかったですけど。
内面の人間らしい葛藤が、悩みが見えたからこそあまりにも人間らしく見える彼でしたが、正直前作でもキラはザフト軍始めキラを「外」から見る人間には今私が感じているのと同じ「無敵」な人間として映っていたんだろうと気付きました。

外から見るのと内から見るのでとても印象が変わる。
立場が変わると同じものなのに見え方も全く変わってしまうものですね。


キラは前作とあまりその行動と考えに変化は無い。
キラはそもそも自分の大切な人たちの平穏を望むのであってその延長上に世界の平和を願った。だから自分の大切なもの(ラクスの命)を脅かされたとき再び戦う決意をしたわけで。本当なら彼は例え戦争がおこっても、もう表舞台に立つつもりはあのとき(13話)まで無かったでしょう。今までの2年間何もしないでいていざ戦争になれば介入してくると非難されるかもしれませんがもともとキラって降りかかった火の粉しか払わない主義っぽいので私はとくにその点は問題なし。降りかかれば徹底的に排除するようですが。


彼は「守りたいもの」を守るために戦う。
世界を動かそうとしている人間が彼の大切なものを脅かすので、なら世界を平和にすることによって自分の大切なものを守りたい。
キラは世界を守るというより自分の大切なものを守ることに重きをおいている。そう思ってさえも守れない命がたくさんあること前作で経験している。
その点アスランはなんだか「世界を守る」ことに固執している印象を受けるのですよね。世界を守ること=大切なものを守ること、と考えているような。
守ることは難しいですよ、壊すことよりずっとずっと。世界を壊すことはボタンひとつで一瞬でも世界を守ることはあまりに難しいしそんな単純なことじゃない。
そのあたりアスランがいまだ迷いつづける要因なんじゃあないのかな。

そして私は世界を守るために戦うなんて現実味の無い理由じゃなくて、大切なものを守るために戦う彼が大好きなんです。また、一度決めたら引かない強さが。



しかし冒頭に書いたの彼の台詞、いまさらしみじみ納得の台詞になりました。
あまりに突出した力はバランスを崩す。
その力は諸刃の剣。


キラが力で、カガリは想いで2人でうまく世界を導いていってくれると嬉しい。しかしこれじゃあこの2人が主人公になってしまうので無理か・・・
Posted by 睡 (sui)
comment:2   trackback:1
[SEED&S・DESTINY
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。