日々の萌えを叫びます。そのとき思ったことをつれづれに 。 過去の記事を整理しました。<091003
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by 睡 (sui)
 
[スポンサー広告
DOLLS・naked ape
最近(と言っても半月くらい前ですが)購入して、かなり私好みの漫画だったDOLLS。気に入って何回も読み返してしまいました。

DOLLS 1 / naked ape
4758051801
世界設定(あらすじ)
特別死刑執行刑務官部隊、通称『特刑』。
それは凶悪犯罪が増加の一途をたどる近未来、被疑者不在のまま死刑判決を下すことのできるRot(Rationalization of a trial )法とともに組織された死刑執行のための特殊部隊。死刑囚を独自に捜査し、時と場所を選ばず断罪する権利をもつ彼ら。あまりにも無慈悲に、そして冷酷に刑を下す彼らを見たものからはいつしかこう呼ばれるようになった――『DOLLS』、と。


naked apeさんの漫画は他にswith(とナルトの・・・)しか読んだことがないんですが、どちらの作品からも陰のある、息苦しいような重い空気が感じられます(悪い意味で無く)。なんて表現したらいいんだろ。儘ならぬ世の中の閉塞感を上手に表現しているというか。

DOLLSの世界は「今」ではありませんが、もしかしたら日本がこのまま悪いほうに進んでいったら未来ってこんな感じになっちゃうんじゃないかしら・・・と読んでいて思ってしまう世界でした。道端で、お店の中で、ところかまわず銃ぶっ放して死刑執行とかしちゃうトンデモナイ特刑の皆さんですが、そんな突飛なはずの設定も「ありえそう」とおもえてしまう、そういうところがこの作者さんたちすごい、と思います(ちなみにお二人で描かれているそうです)。

結構好きなんです。こういう薄ら暗い設定。そしてただ重苦しいだけでなく随所に和み(笑い)要素が挿入されているところがまたいい感じ。

死刑囚を追いかけて追い詰めて殺っちゃうハナシ・・・というと身も蓋も無いんですが、基本はそんな展開。その中に、人の心を失ってしまった凶悪犯の悲しくも醜い姿や、執行官たちの「DOLLS」と呼ばれながらも非情になれない心の葛藤などが描かれています。
演出が上手なんですよね。凶悪犯の犯罪に自分の過去を重ね合わせてしまったり。
やはり一番の見所は、執行官(特刑第1部隊の3人組)たち。何故彼らが常に死と隣り合わせの「特刑」という仕事を選んだのかとか、まだ明かされていない彼らの意味深な過去のトラウマやら気になるポイント盛りだくさんです。

そして御子柴隊長がカッコイイです(唐突)。

お前の正義はどこで判断するんだ?

ううカッコイイ。はあはあ(落ち着け)
「人形」と呼ばれながらも、人としての感情を何よりも大切にする彼の、言葉や行動の端々に見え隠れする過去は一体どんなものなのでしょうか。ひっじょーに気になります。

続きはいつ出るのかな・・・。


amazon覗いてみたら1巻は限定版も発売されているみたい。
(ポストカードブック+限定版のみの豪華装丁)
DOLLS (1) 限定版
どうせならこっち買えばよかったorz

スポンサーサイト
Posted by 睡 (sui)
comment:0   trackback:0
[漫画]  thema:オススメ! - genre:アニメ・コミック
エウレカセブン感想@26話
エウレカがかわいらしすぎてたまりません(何が)
純粋で幼くて綺麗な、生まれたばかりの心。隠す術さえ知らぬむきだしのレントンを求める心が、見ていてこっちまでキュンキュンします。可愛い。可愛すぎる・・・!!!!

レントン、わたしレントンだから出来たの。
レントンじゃなくちゃ駄目なの。
わたしは、わたしはレントンが・・・!!


エウレカとレントン、二人の再会。
エウレカのニルヴァーシュに乗るレントンの姿を見たときの嬉しそうな笑みと「レントン!」と呼ぶ声に感無量。
『モーニング・グローリー』すごい良かった!!!楽しかった。
エウレカ見てて良かった・・・(感涙)

人形みたいだったエウレカが、悩んで自己嫌悪して恋しがって笑って照れて自分の心を見つめて、だんだんと女の子になっていく、その変化をとても嬉しく感じながらここ数話を見てました。
照れて赤くなるエウレカなんて、初めの頃は想像も出来なかったのに。かわいいよエウレカ!
そしてレントンが確実に(精神的に)大人への階段をのぼってゆくさまも、見ていて頼もしく感じたり。あんたいい男になるよ、レントン。

こんなに純粋にわくわくして、キャラクターと一緒になって喜びを共有できるアニメは久しぶりかもしれない・・・。

レントン、一緒に行こう!!
初めの頃はどうもちぐはぐなふたりだったけれど、今はきっとふたりの心はつながってる。一方通行じゃない。互いに分かりあいたいと欲しているから。
彼らの今後が楽しみであり、心配でもあります。もっともっと互いに互いを支えあう、互いに互いを幸せに出来る、そんな関係を築いていって欲しい。
・・・でもこの再会の瞬間がある意味幸せの頂点な気がするので。


(あたしが好きだったはずの)ホランドについて。
やっとながーいトンネルの中から抜け出したようなので、これからはカッコイイところをきっと見せてくれると期待しています。
きっと彼もいろんな辛い過去があってしがらみがあって、悩んでいたんだということは想像できるし悩んでたことが悪いとは思わないけれど、レントンの今回のオトコマエさに比べてあまりに年長者として今までの態度は大人気ないというか完全にヘタレ野郎だったよホランド・・・orz
頑張れホランド!!アナタにはかっこいいタルホ姉さんがいるじゃない。

第3クールが楽しみです。
ちなみにやっぱりOPED変わるんでしょうか。



Posted by 睡 (sui)
comment:0   trackback:1
[アニメその他]  thema:交響詩篇エウレカセブン - genre:アニメ・コミック
大奥・よしながふみ
昨日本屋さんにいったら平積みされていたのでふと目に留まり、あまりの素敵な設定についつい買ってしまいました・・・

大奥 1
よしなが ふみ
4592143019

大奥といっても、そこはオンナの戦場ではなく男の園なんです。男女逆転設定なのです。
男子が謎の奇病で激減したため、社会を支えるのは女性。
家督を継ぐのも女性。そしてこのお話の時代の将軍吉宗公も例に漏れず女性。
そんな世界の大奥ですから、もちろんすべて男性なのです。
凄いです。美男子が三千人!逆ハーレム!!(うっとり)

・・・そんな超設定に興味を引かれ、けど設定倒れだったらどうしようとおもいつつ、よしながふみさんの漫画ならきっと面白いだろうと購入したわけです。

大変面白うございました。

江戸時代を舞台に描かれている物語なのにある意味今の社会をリアルに反映しているような、奇妙な感覚です。
男と女のありかたってなんだろう。
女性が社会に出て、男性が家事をすることが「普通」になりつつある昨今。
それに伴いその役割の線引きも曖昧になってきた現在、男女のあり方はいままでと大きく変わっていこうとしています。私もその時代の変化は大いに歓迎すべきものだと思っています。女性であるから、男性であるからという理由から選択の幅を狭められるいわれはないでしょう。
けれど動かしがたい男女の違いというものは確かにあって、そこにははるか昔から受け継がれてきた忘れてはいけない何かがきっと存在しているはずだ、とも思うのです。
この漫画は男女の役割を逆転させることによって、そういった問題を上手く描いているように感じます。

作中の女性は吉宗を初め越前も久通さんも、みんな男前で豪快で、カッコイイの一言に尽きる女性ばかりです。
対する男性陣は・・・まあ、大奥ですからどろどろっとしたところも描かれつつ、でも主人公の水野はいいオトコでした。江戸っ子。どんな人間にも自分が正しいと思うことは貫き通す強さとか、弱いものに優しいところとか。
あ、もしかしたら男女とか関係なく、人間として大切なものを描こうとしてるのかも。

そういったよしながさんならではの押し付けがましくないけれどはっと気付かせられるテーマも見所ですが、
なんといってもこのお話、女が男を抱くのです(ノ´∀`*)なんて倒錯的。素敵ー!!
そして大奥での男たちの嫉妬やら、憧れやら、恋心なんかも結構面白いところ(ちなみにBLな描写もそこはかとなくありますのでお気をつけくださいませ)。


うーん、続きが楽しみです。
オトコマエな将軍様がこれから何をやらかしてくれるのかとっても気になります。

大奥 1巻 / よしなが ふみ

Posted by 睡 (sui)
comment:3   trackback:3
[漫画]  thema:オススメ! - genre:アニメ・コミック
第3回角川ビーンズ小説大賞作品
ライトノベルスはもともと好きですけれど、特にビーンズ文庫の作品は好みのものが多いです。
毎年、新人の方の作品が発表されるのですが、けっこうアタリが多いので、今年も第3回受賞作の3作品を読んでみました。

せっかくなので少し感想と紹介を書こうと思います。


◆シェオル・レジーナ 魂の捜索人◆
村田 栞
4044510016
あらすじ: 普通の人には見えない人ならざる存在が見える少年シオンは、その力の為に普通の生活を送れず、同じ力を持つ修道女ファティマのもとに弟子入りすることに。彼女の仕事は、魔に囚われたり、行方不明になった魂の捜索する「魂の捜索人」。
過去に大きな謎を持つファティマと、彼女を守るために堕天した元天使のグランディエと共にシオンの新しい生活が始まる・・・


なかなか面白かったです。
しかし続編を買うかどうかは微妙なところ。
山羊頭の堕天使にいとしさを感じました。悪そうに見えてホントはイイヤツなんだね!顔に似合わぬ美しい指とか描写されているので、きっと本当のお顔はたいそうお美しいことでしょう。うっとり(妄想ふくらませすぎです)

ストーリー展開は特に難解というとこもなく、わかりやすいお話でした。どちらかというと3作品の中では比較的低年齢向けではないかと(ビーンズ自体がティーンズ向けなんですけど、その中でも、という意味で)。主人公がうら若き過ぎる10代前半の少年なので、余計にそう感じるのかもしれません。
天使悪魔や神様、アダムやらリリス、そういったものにキュピーン!と来る方にはオススメなお話しです(笑)
しかしながらそういった、今までにも数多く扱われた天使とか旧約聖書などがベースになってるみたいなので、読んでいると彼女の正体も封じられた過去も、そして堕天使の正体とかもなんとなーく予想が付いてしまいます。この予想を(いい意味で)裏切ってくれる展開になればいいのにと思います。
今後よっぽどのインパクトがないとオリジナリティの乏しい作品になっちゃう予感も感じたり。
でも、まだまだ始まったばかりなので今後も楽しみにしています。

*11月に続編が出るみたいです*


◆花に降る千の翼◆
月本 ナシオ
4044511012
あらすじ: 南の美しき島国タリマレイ。第一王女のイルアラは、王族が有するはずの神や精霊と意思を交わす能力を持っていないために、護衛役として鳥の神の息子エンハスと幼い頃いつも一緒に過ごしてきた。
あるとき、大国バラーバルがタリマレイを狙っていると知り、エンハスと共にラバーバル王の元へ乗り込んでゆくが、その計画には精霊もかかわっていて・・・


南国の極彩色の美しい島が鮮やかに描かれていました。
照りつける日差しの温度、色鮮やかな花、美しい珊瑚の海・・・と、読んでいると自然に頭の中に作品の世界が描かれていきます。
世界観がしっかりしていて、ファンタジーですが最初からとっつきやすかったです。
3作品の中では一番好みの作品かもしれません。

どのキャラクターもそれぞれ個性が際立っていて、生き生きとしています。
主人公のイルアラはおてんばで意地っ張りな、けれども責任感のある可愛い少女でしたし、その相棒エンハスもちょっと不器用な感じと、不器用ながらもイルアラを大切に思っているところがほほえましかったです。
個人的にはイルアラの父であるファラーサ王の優しい微笑の下の腹黒さと、エンハスの父である鳥の王ヴァラカンの唯我独尊なくせにファラーサにはめっぽう弱いところが非常に気になります。彼らはどのようにしてその素敵な友愛をはぐくんできたのでしょうか。番外編で書いてくれないかな。

(おそらく出るであろう)続編を楽しみにしています。


◆オペラ・エテルニタ 世界は永遠を歌う◆
栗原 ちひろ THORES柴本
4044514011
あらすじ: 700年前に一度滅んで「鳥の神」と「世界の王」によって蘇った世界。
人々が神の存在を忘れるにはいささか早く、そしてただ神のみを信じて生きてゆくことも出来ない、そんな時代の物語。
自分と故郷の人々に突然襲い掛かった病を治すため、伝説の「不死者」を探す青年、カナギ。比類なき美貌をもつ謎の詩人と、自分を狙う暗殺者の美少女。三人が出会い、奇妙な旅が始まる・・・


挿絵がトリニティ・ブラッドのTHORES柴本さんだというだけで、読む前からイメージはトリブラでした(汗)・・・でも、その先入観はあながち間違っていなかったかもしれません。どことなく似ています。うーん、「神様への信仰と、その実、神だけを信じて生きてゆくことの出来ない人間」というのが似ているのでしょうか。
でも、とても面白かったです。たとえば主人公がとっても腕の立つ剣士かつ優秀な薬師という設定なのにかっこよくなりきれないところとかぽややんとしたでも実はでっかい秘密を持った超絶美形とか純粋でけなげな(でも暗殺者な)美少女とか。なかな素敵なキャラがそろっております。そして彼らの生きる世界も魅力的。
女の子向けレーベルにはちょっと珍しい、固めの文体でしたけれど私はけっこうこういう文章は好きです。
この作品が一番、物語としてしっかり構成されている印象を受けました。これも続編が出たら購入予定ですねー。


という感じでした。
次は彩雲国物語のレビューを・・・したいんですけどどうなるでしょうか。(彩雲国あまりに愛しすぎて上手く言葉にできないんです)
Posted by 睡 (sui)
comment:0   trackback:0
[小説]  thema:ライトノベル - genre:小説・文学
サントラ。
最近お気に入りの音楽といえばもっぱらサントラです。
サントラいい曲が入っているのがたくさんありますね。

イチオシは攻殻機動隊S.A.CのO.S.Tシリーズ。
攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX O.S.T.+(プラス)攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX O.S.T.2攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX O.S.T.3

菅野よう子さんが作曲されてるんですが、どの曲も素晴らしい出来で、でも流れていても存在を主張しすぎないので、BGMとしても最適。なのにじっくり集中して聞いたらそれはそれでまた奥深い音楽なんですよね・・・。不思議!
1枚のアルバムの中にテクノ(でいいのかしら)やらロックやら、はたまたクラシックっぽいものやら、いろいろ詰め込まれていてエンドレスで聴いていてもあきません。
ホントにいろんなジャンルの曲が詰め込まれているのに、でもどこか統一感を感じるのは・・・キチンと攻殻機動隊という作品をイメージの殻として作っているからなのかな。
菅野さんは作品のイメージを上手に音楽で表現する人だと思います。エスカフローネ(TV版)もすごい雰囲気出てて好きです。すごい人だ。

サントラを聴いているとよく、その曲がかかってるシーンを思い出します。音楽って自分で思っているよりも記憶を揺り起こすきっかけになってるみたいですね。
攻殻OSTは曲自体が素晴らしいのも確かですが、やっぱりあのシャープでダイナミックななアニメーションと一緒に聴いているからよりよい印象を持っているというのもあるんだと思います。
攻殻ってホントに素晴らしい作品だなあ(オチはそこか)


あと最近はFF7ACのサントラもよく聴いてます。
FINAL FANTASY VII ADVENT CHILDREN オリジナル・サウンドトラック
これもイイ曲ぞろい。
セフィロスのテーマ(片翼の天使)とかついセフィロス♪とか一緒に歌ってしまう(汗)あ、この曲(と約束の地も)歌詞ラテン語なんですね。ここに歌詞と訳が載ってました。そんな意味だったんだ!!へー。
エンディングのFFのテーマとか何回聴いてもジーンとくる。

実は最近オレシカの花が聴きたくてたまりません(突然)。
サントラ買っちゃおうかな・・・。

Posted by 睡 (sui)
comment:0   trackback:0
[音楽
チャーリーとチョコレート工場

デップちょう可愛い・・・!!!

なにあれ!!
あんなかわいい40代は犯罪だともいます。はあはあ。

・・・と、言うわけで念願のデップチョコレート工場を堪能してきました。

期待以上の面白さでした。
期待以上にデップが素敵でした。
期待以上にデップが可愛らしかっ・・・(以下略)

パイレーツオブカリビアンもデップの為の作品だと思いましたが、チョコファクも間違いなく彼のための映画だった・・・ティム&デップコンビ 最 高 !
 
デップとウンパルンパの為にあと10回くらい観にいってもいいと思います(キッパリ)

そうそう。ウンパルンパがすごいよ!って風のうわさで聞いてたんですけど、ホントに凄かった・・・!!
歌って踊って働く親父たち。<しかも無表情
ゴールデンチケットを手にした子供たちが脱落するたびに歌でお別れする(?)んですけど、その歌(とビジュアルのインパクト)のあまりの凄さに笑いをこらえられませんでした。
あの曲の為にサントラが欲しいです。

原作とは違ってワンカ氏がちょっと悲しい過去を背負ってたり。
チャーリーがお金拾ったとこでの葛藤シーンがさっぱりカットされてたり。
原作はとは一味違ったチョコレート工場を堪能いたしました。
チャーリーがかげ薄いのは変わりなかったかな。
彼が普通の子であることが大切んなんでしょうけど。

次は何時観にいこうかな・・・



アマゾンでとんでもないもの見つけましたΣ(・∀・;;;)
なにこのキモチワルイリアルデップ人形!
ちょっと欲しい・・・
Charlie & The Chocolate Factory - 12 Inch Doll Figure: Willy Wonka


↓サントラ。視聴できるみたいです
Charlie and the Chocolate Factory [Original Motion Picture Soundtrack]




Posted by 睡 (sui)
comment:0   trackback:1
[映画
GSD:最後の力(最終回)
レイー!!!!(涙)
そんなかんじの最終回。
これは、レイが主人公だったというオチですか?
・・・というくらい、レイにしか感情移入できなかったです。

間違っても 祝!最終回 とはいえない後始末でしたね。きちんと50話放送されたはずなのに打ち切りになって慌てて完結させたWJの連載のようでした( ´Д`)
更なる疑問が上乗せされて投げ出されてしまった気がするんですけれど。

生き残った彼らがその後どう歩んでいこうとするのかとか、本編で語られるべき終戦後のエピソードもDVD最終巻の映像特典(40分)でお楽しみに☆ってことですか。買えってことですか。
せこいやり方だ・・・。

それでは、一応感想など↓

 more...

Posted by 睡 (sui)
comment:2   trackback:3
[SEED&S・DESTINY]  thema:機動戦士ガンダムSEEDDESTINY - genre:アニメ・コミック
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。