日々の萌えを叫びます。そのとき思ったことをつれづれに 。 過去の記事を整理しました。<091003
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by 睡 (sui)
 
[スポンサー広告
コードギアス 13話あたりの感想
今唯一毎週見ているアニメがコードギアス。
深夜番組の悲劇で録画したはずが再生してみたら見知らぬ番組だったというツライ過去も数回ありましたが、ネット配信というオタクの味方のおかげでなんとか欠かさず観れてます。

知らずに敵同士になった幼馴染。望む未来は同じはずなのに互いの存在が互いの歩む道の障害になるジレンマ。<視聴者が。本人同士は露知らず・・・
・・・ん?なんとなくどっかで聞いたような設定ですが、こっちはまだグダグダになってないのでふたりがいつどうやって敵同士として出会うのかはらはらしながら観ています。つかグダグダはいやです。最後までぜひ頑張って下さいサ○ライズ・・・!!

最近俄然面白くなってきました。
13話は思わずひさぶりに感想まで書いちゃうくらいに面白かったです。
設定が世界地図であんなことやこんなことになってるのに若干引いてたんですが(ちょっとあからさま過ぎませんかそして国際問題とかにはならないのコレ)、世界地図を忘れればとても興味深い設定だなあと思うわけです。

植民地にされた側の少年が復讐を疎い、
支配する側に立つはずの少年が復讐者である、という。

どっちの気持ち(大切な人たちの幸せのためにという)も分かるんだけど、どっちが正しいのかな・・・。正しい正しくないの問題ではないのは分かっていますがついつい考えてしまいます。難しい問題ですね。
道徳的に考えるとスザクが正しいように思えるんですが、だからといって本当にスザクのやり方で望む世界を得られるのかと考えると限りなく難しいと思うんですよね。
キレイすぎるんだよ、スザクって・・・。もっとスザクの心の内がみたい。絶対にキレイなだけじゃないはずだから。<11話あたりのC.Cとのからみあたりが気になるところです。

そしてルルーシュの何を犠牲にしても大切なもののために世界を変えたいという気持ち。13話で彼の甘さや葛藤も見えて、どうも気持ちはルルーシュに傾いてしまうわけです。
でも、今回のシャーリーの父親のように、血を流して勝ち取るということは間違いなくさまざまな負の感情を背負うわけで、望んだ世界を勝ち得たとしても間違いなく彼自身の心の平穏は二度とやってこないのでしょうね。まさに修羅の道だなあ・・・。

C.Cの過去やらゼロの正体を知ってしまったシャーリーの決断はどうなるのとか、そして何よりルルーシュとスザクの敵同士としての対面はどうなるのとか、これから気になるところがいっぱいです。
ちなみに私はカレン派です(<ルルーシュのお相手は)。「ゼロは私が守る!!!」って、なんて健気なんだ!!健気だけど強い女の子・・・。かわいいです。
C.Cとルルーシュは・・・どうもボケ突っ込みのコンビに見えて仕方がないのでとりあえずあの2人は恋愛とか関係ない方向でいちゃいちゃしてくれるといいと思います。
スポンサーサイト
Posted by 睡 (sui)
comment:0   trackback:0
[コードギアス]  thema:コードギアス 反逆のルルーシュ - genre:アニメ・コミック
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。