日々の萌えを叫びます。そのとき思ったことをつれづれに 。 過去の記事を整理しました。<091003
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by 睡 (sui)
 
[スポンサー広告
地球へ・・・ section17:永遠と陽炎と
※かなり愚痴っていますので、17話を楽しまれた方を不快にさせる恐れがあります。すみません。。。


夢も希望もない展開でした(涙)

えー、ブルーファンとして、ブルーへのあまりの仕打ちに呆然です。
ブルーの死は、本当に必要な死だった?
あんなふうにたった独りで孤独に戦って死ぬことが?
本当に本当に、それはジョミーにソルジャーとしての生き様を見せてあげられる最高の舞台だった?
後に残されるジョミーには、ブルーからの言葉とかふれあいとか、そういう暖かい絆みたいなものこそが必要だったんじゃないかなあ・・・とか、頭の中がぐるぐるしています。

わたくし、さすがに今週は涙が止まらない展開になるんだって信じてたんですが、
フィシスがブルーの補聴器つけてたシーンに腹がたって腹がたって、
感動とか全部吹き飛びました。テレビ画面にペットボトル投げつけそうでした。
別にフィシスが悪いとか憎いとかじゃなくて、そんな展開に持っていた製作者たちに腹が立って。(フィシスとしてはあの展開であの行動は当然のものだと思う)
何あの展開。
ブルー→フィシスって補聴器が渡された時点で、いやな予感はしてたんですが、まさかあんなひどいシーンを見せられるとは思わなかったよ。
ひどいよ・・・。
ブルーの記憶と想いが詰まってる補聴器は、一緒に何十年も生きてきたフィシスに残すものじゃなくて、その意思を継ぐ、けれどもあまりにも短い時間しか共に生きることのできなかったジョミーのためのものでしょう?
その補聴器は、ブルーの地球への思慕と憧憬と、そして同胞への深い慈しみにあふれてるはずなんだから。
それらの全てを受け継いで、地球を目指すのも、同胞を守っていくのもフィシスじゃない。ソルジャー・シンなんだよ!!
もうなんか先週の比ではないショックをあの瞬間に受けました。
ブルーがかわいそうで。
そしてなによりもジョミーがかわいそうで。


もうアニメはもう終わったものとして、後はエピローグとしてみてみようと思います。
この流れだと、本当に主人公ブルー亡き後のエピローグみたいになっちゃいそうだし。
もう期待を裏切られ続けるのはいやだ。。。
あくまでブルーはソルジャー・シンの道標としての存在のはずなのに。

たしかに戦うブルーはかっこよかったよ。
綺麗だったし確かにソルジャーだった。

でもさ。
そもそもメギドの第2射ってブルーの命を懸けてまでとめなきゃいけないものだったんですか?
これとめれないとミュウが壊滅的な打撃を受けてしまう!!っていうのが明らかな展開なら、ブルーの行動が切なくて涙が止まらなかったと思うんです。
でも、そもそも第1射が完全にとめられなくて、もはやナスカの崩壊が止められないんだったらさ、ブルー何しにいったんだろうってふと思ってしまったんですが。<いえ、ちゃんと止めることに意義があったのはわかるんですがなんかそれでも必然性があまり感じられなかったというか。
第2射阻止は絶対必要な展開だったのかな。
それよりもジョミーと二人でナスカに戻って、一人でも多くのナスカに取り残された同胞を助けたほうが意味ある行動だったように思えて仕方ありません。


一番外れて欲しいと思っていた、「ブルー、メギドと共に消滅。遺体さえ残らず」な、一番残酷な展開を見つけてくれた17話ですが、それにしては見せ方が甘かった気がして残念でなりません。
もっと視聴者の心に突き刺さるような、壮絶なブルーの覚悟とか、ジョミーの慟哭とか、偉大な長を失ったミュウたちの喪失感とか、そういうのを見せてくれてもよかったんじゃないかと思います。
ソルジャー・ブルーという存在の喪失は、ミュウにとって、あんなふうにさらっと(しているように私には見えた)乗り越えられるものではないはずなんですが。

ジョミーは同胞の死に、原作のようにボロボロに傷ついて三重苦になるわけでもなく、彼のソルジャーとしての責任感とか、同胞への愛情とかどうなってしまっているのか大変疑問です。
ジョミーが三重苦に苦しむような展開だけが、彼のソルジャーとしての生き様を表現し得るものだと思っているわけではないけれど、
別の見せ方でいいからもっと、もっとソルジャーとして自分にできることがあったんじゃないかとか、そういったジョミーの葛藤とか慟哭を視聴者に訴えかけて欲しいと思うんです。
いきなり「これはソルジャーとしての命令だ!!」とか言葉だけで言われても、本当にソルジャーとしていろんなもの背負ってくれてるんだろうかと不安になります・・・。

覚悟はしていたけれど、いろいろと残念な結果でした。


スポンサーサイト
Posted by 睡 (sui)
comment:2   trackback:2
[地球へ…]  thema:地球へ… - genre:アニメ・コミック
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。