日々の萌えを叫びます。そのとき思ったことをつれづれに 。 過去の記事を整理しました。<091003
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by 睡 (sui)
 
[スポンサー広告
地球へ・・・ 10話に追記
ふと思ったんですが、
アニメ版テラでは、フィシスが率先してナスカに降り立ったことといい、
ブルーにも原作ほど地球への執着を感じなかったことといい、あまり地球へたどり着くということを求めていないのでしょうか。。。

というかブルーの地球への憧憬ってそもそもフィシスの地球のイメージからだと思うので、フィシスがナスカ定住を反対しないこと=ブルーもそれほど地球へ還りたかったわけではないということなのかも、と思ったりしました。

もしかして、ミュウは地球に還りたいわけではなくてミュウらしく生きてゆくことの出来る大地が欲しかったってこと?

でもね、それだとそ『地球へ・・・』っていうタイトルの意味を失っちゃうわけで。そんなん詐欺でしょ?
そして『地球へ・・・』を題材にしてアニメを作る意味を失ってる気もするわけで。
考えれば考えるほどぐるぐるしてしまいます。

Posted by 睡 (sui)
comment:0   trackback:2
[地球へ…]  thema:地球へ… - genre:アニメ・コミック
comment
comment posting














 

trackback URL
http://blacksheeep.blog4.fc2.com/tb.php/147-5e556018
trackback
 またメルマガネタ。●○● 第2期オープニング&エンディングテーマ アーティスト発表!●○●7月放送から、オープニング&エンディングを担当するアーティストが変わります!第2期オープニングアーティスト
| 【非公式】世界日本ハムの哀れblog@非公式 | 2007.06.11 19:41 |
品質評価 20 / 萌え評価 10 / 燃え評価 8 / ギャグ評価 8 / シリアス評価 23 / お色気評価 15 / 総合評価 15レビュー数 159 件 アタラクシアを脱出して13年。ミュウたちの苦悩の旅は続いていた。地球を目指し、人類との共存を模索する戦いは彼らの身も心も疲弊させていた。
| ANIMA-LIGHT:アニメ・マンガ・ライトノベルのレビュー検索エンジン | 2007.06.29 20:46 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。