日々の萌えを叫びます。そのとき思ったことをつれづれに 。 過去の記事を整理しました。<091003
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by 睡 (sui)
 
[スポンサー広告
地球へ・・・ section23: 地球 へ
キースがデレた・・・( ゚д゚)ポカーン

いままで(21話まで)全然心の内が描かれてこなかったキースさん、急に心の声がオープンになっちゃって、そりゃあわたくし原作読んでるからキースってそんな人だったんだよねって思わないでもないけど、アニメだけであのデレ具合をみてると、すごい不自然なんじゃないかと思うわけですがあれは自然な流れなの???

トォニィセクシーシャワーシーンで始まったり、キースの心の声が一杯聞けちゃったりで、盛り上がってきた(はずの)終盤戦が、急に緊迫感なくなちゃって寂しい感じ。
先週の盛り上がりを継続してほしかったなあ・・・っていう印象の23話でした。
・・・あと一話でホントに終わるのかしら!?ものすっごい不安。



以下、ネタバレ感想たたんでおきます。
否定的な感想が多いのでアニメに満足された方はご注意ください。
なんか持ち上げたり落としたり、浮き沈みの激しい感想でゴメンナサイ。。。
今週は、キャラ別に言いたいことをぶちまけてみようと思います。
(なんか、ほとんどグチになってしまった気がします(汗)すみません。いいとこ探そうにも、これが限界でした(ーー;))









◆ジョミーさん
あのー。
かっこいいジョミーはいつになったら見られますか??
ずっとずっと待ってるんだけどなあ。。。

メギドいっぱい攻撃に
「あの数のメギドは防ぎきれない・・・」

とかボーゼンとするジョミーなんて。・゚・(ノД`)・゚・。

ジョミーなら、無理とわかっていても自分にできる精一杯で船を、仲間を守ろうと行動したと思うんだ。
いくらなんでも艦橋で( ゚д゚)ポカーンとか、ひどずぎる・・・。
ブルーはたったひとりでもためらわずにメギドの前に立ちふさがったんだよ。あのときのブルーは自分ひとりでメギドを止められると思って立ちふさがった訳じゃなくて、命を懸けても仲間を守りたかったからでしょう?
ジョミーのよさって前向きとか行動力とかなのにそこでブルーに負けるなんて・・・・・・・・・・・。(<勝つとか負けるとかそんな問題じゃないってわかってるけど言わずにいられない)
もう悲しいとしか言いようがないです。
あと一話でどうやってジョミーを主人公にするって言うのよ?ばかー!!!!。・゚・(ノД`)・゚・。

もういや。アニテラなんて もう イヤ。


オリジナルエピソードを追加するのもね、いいと思うんですが。
そのエピソードとごちゃ混ぜにして原作の台詞を引用するとものすごい違和感が生じるんですが・・・。
あああ。
やっぱりキタよ(´Д⊂ヽ
ジョミーの「トォニィがはやまったことをした」発言。
え?それは、トォニィの暗殺計画を容認してたことを肯定するってことでいいんですか??
原作とはトォニィの行動理由もちがうから、その台詞の意味も全然変わってくると思うんだけど。。。
こんなジョミーもういやー!!!!!(<あくまでジョミーが可哀相すぎるという意味で。わたくしジョミーすごい好きなんです。だからこそ、こんな扱いは見てて辛いです)

トォニィだって勝手にジョミーから謝られるなんて報われないよ。。。


◆フィシスさん。
ブルーを思ってキースに銃を向けるフィシス。
最後まで女神じゃなくてただの女だったなあ。

まあ、そういう描き方もありなのかな。
恨みでキースに銃を向けるフィシスは、原作既読のわたくしには、違和感はぬぐえませんでしたが。。。
フィシスはブルーの望んだとおりに、女神を演じる女性でいて欲しかったなあ。
でも、アニメの演出を見る限り、この行動もまあ不自然ではないのよね、とも思えました。
フィシスとブルー、「女神と崇拝者」っていうより「恋人」っぽい演出だったもんね。うん。
この展開だと、最後はどうオチをつけるのかな~、というところが気になります。


いろいろとミュウサイドは残念な結果に向って驀進中ですが。
最終回、奇跡が起こることを祈っています。

あ。
ミュウが焦がれた地球が青い惑星じゃなくて、赤茶けた、まるでナスカのような(というよりナスカよりも)荒れた惑星だったという演出は、なんとなく想像の範囲内でした。
結局、青い惑星テラを焦がれるという思い自体が、SD体制下で人間にもミュウにも等しく植えつけられたものだったっていうオチだととってもいいのでしょうか。

ただ、ジョミーがブルーの焦がれた青く美しいテラに降り立ってブルーを想うシーンがなかったのが残念でした。
あのシーン、苦難の果てに地球へたどり着いたっていうある種の達成感が感じられて好きだったのですが、アニメみたいに死の惑星に降り立つってどうも感動よりも絶望感が沸いてくるんですが。


◆キースさん
キース、急に心の声がオープンになりましたよね。
きみの鉄壁のATフィールドはサムとマツカを立て続けに失ったショックでズタボロになっちゃたのね。。。
「コーヒーを頼む、マツカ」
って言って、マツカがもういないことを再確認して傷つくキースとか、
ブルーに容赦なく何発も銃弾打ち込んだキースからは想像もできないデレっぷりです。
キースにはいろいろと個人的に(?)恨みがあるのでいつも辛口評になってしまいがちなのですが、
まあ、最後の最後ででもちゃんと人間として描いてもらえてよかったね。キース☆とは、思います。
そのぶん余計にジョミーがかわいそうなことになってるのが際立つわけですが。。。
キースにも、もうちょっと心情的なところで伏線張ってればここまで豹変したようには見えなかったと思うんですよね。(<それとも私が複線拾えてないだけなのか・・・)
ずっと鬼畜キースのターン!!って感じだったのに、急に人間らしいキースを描かれても、ちょっと説得力に欠けるのではないかと。
複線張りまくるのもどうかと思うけれど、アニメテラは、複線張らなさすぎだったと思うなー。



次週予告、ジョミーとキースが剣で戦ってたように見えたけど、あれは何なんだろう。。。
今さら剣で戦うことに意味を見出せないんだけどー。
キース、マザーに操られてるのかな。。。
Posted by 睡 (sui)
comment:2   trackback:1
[地球へ…]  thema:地球へ… - genre:アニメ・コミック
comment
こんにちわ~。またおじゃまして申し訳ないです・・

いやもう、全くおっしゃる通りで・・・崇高な女神じゃなくて私怨たっぷりのオンナオンナしたフィシス(スウェナと同レベル)とか、諦めまくりのジョミーとか、もうポカーンって感じですよね。

アニテラ、前半はいいかんじだったのに、話によってばらつきが激しすぎて、シナリオと演出が全体的に安っぽく、ありきたりで笑える・・
キャラの描かれ方が底がうすーいかんじですよね;;

ほんと、最終回で奇跡がおこりますように!
2007/09/17 18:19 | | edit posted by suria
>suriaさま
いえいえ!コメントいただけるのは、とても嬉しいです。
いつでもお気軽に書き込んでいただけると、こ踊りしてよろこびます(笑)

フィシス・・・、まあブルーの恋人っていうポジションもありなのかな~とか、自分を納得させるために悶々と考えたんですけど、
やぱりアニメのフィシスはちょっと(・・・どころではなく)残念な演出ですよね;
ここ一週間考えてたんですけど、フィシスを「恋人」というポジションにおくにしたって、もう少しやり方があるよね・・・と思わずにいられませんでした。
「ブルーの為に」復讐するフィシスって、そんなこと間違ってもブルーが望むはずがない訳で。
そう思うと、あの行動はブルーのためというより、ただブルーを失って悲しい自分のための行動なわけで。。。
しかもキースを逃がしたのはあんたじゃないの~!!
ブルーにとって、フィシスは特別な存在で、数少ないブルーを支えることのできる人間だったのだと思っていたので、そんな弱いフィシスはどうしても違和感がぬぐえませんでした。

フィシス→ブルーは、原作でも恋愛感情があったんじゃないかと思うんですが、だからこそ、フィシスはブルーが望む「女神」を演じたんじゃないのかなと思っています。なのにアニテラは・・・(涙)

て、長々と語りすぎですよね、すみません(汗)

最終回、どうまとめてくるんでしょうね~。
2007/09/20 17:21 | | edit posted by 睡
comment posting














 

trackback URL
http://blacksheeep.blog4.fc2.com/tb.php/165-9a90567b
trackback
地球へ・・・Vol.3 【完全生産限定版】地球再生機構『リボーン』の拠点、地球。その総本部「ユグドラシル」で、人類とミュウの最終会談が開かれる。全ての判断をコンピュータに頼りきった人類との話し合いは茶番劇にも似た形だけのものだった。グランドマザーとの直接対....
| ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人 | 2007.09.16 01:47 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。