日々の萌えを叫びます。そのとき思ったことをつれづれに 。 過去の記事を整理しました。<091003
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by 睡 (sui)
 
[スポンサー広告
GSD28話:残る命 散る命
今回色々叫びたいことがグルグルしているんですが、まずキラとアスランに一言。

喧 嘩 は 生 身 で や っ て く れ 。(ホント頼むから・・・!!)

では混沌の 残る命 散る命 感想に逝きた・・・行きたいと思います

ちなみにアスランは今回キラキラ言っている場合ではなく、ミネルバを守るために戦うべきだったと思います。ミネルバ絶体絶命沈没寸前というところでしたが(あの被害で沈まないのすごいよね)キラしか眼中に入っていないご様子でしたね・・・。(しっかりしろよー全く!と誰かにつっこんで欲しいけどみんないっぱいいっぱいでそんな余裕なさそうねー)2人でぎゃーぎゃーやってるうちにミネルバ沈没していたらどうしたんだろうねアスラン。

そんでもってカガリはもう本気でアスランの指輪は捨ててしまうがいいよ。
あんなにキラがアスランの前でカガリカガリって心配してるのに彼はキラのことしか眼中にないようでしたから。むしろキラがカガリ助けに行く邪魔にまでなってましたから・・・!!
こんなアスランあんまりだorz

今週観ていてやっぱりカガリはオーブに戻らないといけないと思った。
そう!アスランは今回正しいこと言ってるはずなのになんであんなにヘタレにしか見えないの・・・。自ら進む道が見えていない人間の言葉なんて薄っぺらいもんだよね。カガリもそろそろ泣いてるだけじゃ駄目だって気付いてくれる・・・よね?


それでは仕切りなおして。
嗚呼無常。
そんななかんじでした今週。
たくさんの命が無残に、無念を残して散りました。
戦争ってむなしい。
今週はそんなふうに思えたから価値ある二十数分だった・・・とおもいたい。
心の中でもやもやしている気持ちをどうやって言葉にすれば良いのかわからない・・・。
うーん消化不良おこしそうです(ーー;)


◆アスランの迷いとキラの決意◆

キラとアスラン、2人(というかとくにアスラン)はやっぱり互いの主張を納得していない模様。
またしても戦いの舞台に突如登場したキラにアスランは怒りと戸惑いを隠せない様子でした。

さがれキラ!!お前の力はただ戦場を混乱させるだけだ!

確かにキラ(AA)の登場で戦場が混乱しているのは間違いないです。
キラファンのわたしも今週はちょっと彼の行動にもおいおいと思ってしまわなかったかというとそうでもなくて・・・。
キラは自分が登場することによってどちらにも決定的な勝利を得られないように振舞っているようにみえます。
連合側がやりすぎなのは明白ですが、かといってプラントが本当にアスランの言うように正しいとは確信できない現状。
キラが望む未来のビジョンはナチュラルとコーディーネーターという先天的な違いで差別されない世界のはずで、それはどちらが勝利しても得られるものではない。
このままどっちが勝利してしまえば勝者が正義になってしまうから。
2つの種が互いに理解し合える道を、キラ自身明確には見つけられていないけれど、でもその道がわかるまで何も行動しないで観ているだけでは手遅れになるから。
また、キラがオーブを守りたい、連合に荷担するのを止めたいというのは、もちろんカガリの願いでもあると思うんですがオーブ(ウズミ)の理念がキラの望む未来への道標になると思うから。
そう思って今動いているのかな、とキラの一連の行動を自分は納得しているのですがどうなのでしょうか・・・。
それが力あるものの傲慢だといわれればそれまでですが、戦争に絶対の正義があるはずも無いのでそういう行動もひとつの方法ではないかと。
今のキラはたぶん自分の傲慢に気付いているはず。
25話(罪の在処)でのアスランに投げかけられた
おまえの手だって既に何人もの命を奪っているんだぞ 
に答えたときの表情をみてそう感じました。
・・・けれどもキラは自分の守りたいもの(ラクスやカガリ)のために戦っているのも確かなわけで。
今までのキラの行動をみてると彼の場合大切な人の命が危険にさらされる戦争をとめたいというのが第一の行動理由でしょうけどその先に上で述べたような未来を描いているのかな・・・。
うーん。私がアスランみたいに悩みのドツボにはまりそうです(涙)

さらに悲惨な様相を見せる戦況の中、キラとアスランの喧嘩は続きます。
だから喧嘩はMSでやるもんじゃないってば!

ア:仕掛けてきているのは地球軍だ!じゃあおまえ達はミネルバに沈めというのか?

キ:どうして君は!

ア:だから戻れと言った!撃ちたくないといいながらなんだお前は!

キ:わかるけど・・君の言うことも解るけど・・でも・・カガリは!今泣いているんだっ!

ア:っ!!

キ:こんな事になるのが嫌で、今泣いているんだぞ!何故君はそれが解らない!!
なのにこの戦闘も、この犠牲も、仕方がない事だって、すべてオーブと、カガリのせいだって、そういって君は撃つのか?今カガリが守ろうとしているものを!

ア:っキ、キラ・・


ああもう、あいまいな台詞で視聴者の想像力に頼るのはヤメテ・・・。
このやりとりリアルタイムで観ているとき全く理解できませんでした。
全然会話になってない・・・orz
ただ自分の意見を言い合っているだけで相手の意見に答えようとする意思が全く見えないんですけど(涙)

キラの主張は、
恋人である(はずの)アスランが守るべき対象であるカガリが嘆いて、オーブを止めたいと行動で表しているのにどうしてそれを理解しようともせず、非難ばかりするのか。オーブ軍を撃つということはカガリを傷つけるということ。
それなら自分はカガリを守るためにアスランと敵対する。
いつまでもうじうじ悩んでんじゃねぇ!そんなヘタレに大事な姉(妹?)やれるかー!!海にでも落ちて目覚ましやがれという怒りの制裁・・・??
そういうことでしょうか。
ついにキラはアスランに刃を向けてしまいました・・・。
でもそれがキラの強さで、キラの決意の表れなのかな。
アスランはまだ迷いがふっきれなくて、プラントが正しいと信じたいけれどキラやカガリにも未練があって、すごく弱い。アスランの求める未来ってなんでしょうね。
本当にキラたちと敵対してしまうにしろ、和解するにしろ、早く自分の行く道を決めてください(毎回言ってますが)
ヘタレで弱いアスランはもう見飽きました。
君はキラに負けないくらいの力を持っているはずなんです。
どう転ぶにせよアスランのオトコマエっぷりを一日でも早く拝見したいです・・・やっぱりアスランも好きですから。



結局私の感想はキラとアスランに始終してしまうのですが、今回はそれ以外にも本当に色々ありましたね。


◆散る命◆

まずはアウル。
あの最期はいただけない・・・。
他人の都合で身体も記憶も好き勝手にいじられて、選択の余地もなく戦うことをあたりまえとされて、そして戦場で一人ぼっちで死んでしまった。
意味の無い可哀相な最期だったと思えてなりません。
なんかもうちょっとこう、死の虚しさを伝えるにしてもやり方があったんじゃないのー!!と思ってしまう。


オーブ軍の特攻された方々。
命令にはそれが明らかに間違っているとか、納得できないと思っても従わなければならないのが軍人。
けれどそれって簡単に命を投げ出すこととは違うと思うのです。
自分が正しいと思えることに命を懸けるならまだしも、命令だから命を懸けても戦うって・・・。
単純に観るとかっこいい行動だったかもしれないけれど死ねばそこでおしまい。もうそれで何も感じられないし何もかえられない。
そういう死のかっこいい演出はやめて欲しかったです。

トダカ一佐。
彼には是非生きて、ユウナを更生して欲しかったんですが、とても残念・・・です。
現オーブ軍唯一(?)の良心が・・・。
オーブの行く末を案じている人がひとり逝ってしまいました。カガリの肩に乗るものはますます重くなるばかりですね。彼女には早く涙を力に代えてオーブを引っ張っていって欲しいです。




◆シンの成長・・・◆

アビスに乗るパイロットををステラとおなじ悲しい存在だと知ってなお、激情に駆られるまま殺してしまったシン。
そしてさらに、2年前家族を無残に失った絶望の淵で手を差し伸べてくれたトダカ一佐を(そうとは知らずですが)自らの手で殺めてしまいました。
鬼神のようにオーブ軍を殲滅していましたが、どう考えても悪役の表情と台詞と行動の数々でした・・・よ(汗)
ステラとの出会いの一件でシンの変化を感じた気がしたんですがまたこんな演出をして一体シンをどうしたいんですか制作者・・・。
今回のアウルとトダカ一佐の件で今何の疑問も抱かずに行っていることが、自分がかつて味わった、絶望と憎しみを生み出しているんだって気付いてくれてると・・・信じたいんですが。



来週はまた回想編・・・?
クルーゼやレイの過去には興味ありますがなんだか前作の映像いっぱいでした・・・よ?気のせい??またデスカ???
ぎちょーの思惑は次回はっきりするんでしょうか。




難産でした今週の感想・・・。まだ自分の中で消化しきれていないです28話。こんな支離滅裂な感想ですみません。
Posted by 睡 (sui)
comment:0   trackback:0
[SEED&S・DESTINY
comment
comment posting














 

trackback URL
http://blacksheeep.blog4.fc2.com/tb.php/36-2f106945
trackback
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。