日々の萌えを叫びます。そのとき思ったことをつれづれに 。 過去の記事を整理しました。<091003
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by 睡 (sui)
 
[スポンサー広告
GSD39:天空のキラ1

キラが予想以上にかっこよすぎて 
どうすればいいのかわからないほど動揺したいちキラファンです。コンバンハ。
型遅れのストライクでもちゃっかりエターナルを守り大活躍。
久しぶりのOS書き換え早口言葉で有能さをアピール。
極めつけにvestigeのバックミュージック付きで華麗にストライクフリーダム登場。

これはもうシンとどっちが主人公と比べるのも空しいのかもしれない (  ゚,_ゝ゚)

ええっと、なんていったらいいのか・・・

「キラ様、主人公返リ咲キオメデトウゴザイマス」 とでも。

吃驚サブタイトル、天空のキラと超あらすじのおかげでどうなることかと思っていたのですが、今週は自分的にとても楽しかったです。
興 奮 !
36話といい勝負でよかったと思う。
・・・なんか面白ければもう、主人公が誰とかいいです。
キャラを大切に扱ってくれるのならもうなんでもいい。

さてさて、今週の迷台詞は

何でお前までそう呼ぶの?
オレはレオ・ロアノーク た・い・さ !!


彼はフラガと呼ばれることが嫌なのか、少佐と言われることが気に食わないのか。
たぶん後者だと思えてきました(汗)
周りが自らの進む道を見つけてゆくのとは対照的に、彼はまだまだお軽い路線で行くんですかそうですか。またマリューさんに切ない顔させちゃってもう!
まあ、それこそが彼がムウである証かもしれない・・・。
がんばれーEDみたいにお手てつないで幸せになるまでの道程は遠そうですよ(でも時間の関係でスパッと思い出してサクッと元の関係に戻るんだろうな・・・ orz)
あんまりもたもたしてたら本気で存在意義が危ぶまれますよー少佐


キラとはあんなに色々(←いきなりキレてMS撃ち落されたりその他諸々)あったのにあっさり元の関係(変な意味じゃなくて!)に戻れるのに反して、カガリとはやっぱりギクシャクするアスラン。
これぞ あんなに一緒だったから☆パワーなのでしょうか。
キラとアスランの間には言葉は必要なかった・・・!!
カガリとアスランはあれですね。どっちも不器用だから見ていてもどかしいよホントにもう。二人の未来に幸あれ!!(本気で)

しかしなんとも違和感のあるOP(汗)
緊迫感のあるシーンから一挙脱力系メロディはやっぱり _| ̄|○
曲自体は嫌いではないんですがなんでOPから脱力しないといけないのか・・・。

それでは今週の感想です↓
◆ロゴスの末路◆

先だってのシンの活躍により拘束されたロゴスの幹部たち。
しかしジブリールはちゃっかり逃走済み。
・・・皆連れて行ったげればいいのに。
本当に困ったお人だ

ジブリールが逃げた先ってもしかしなくてもオーブなんですか。
わーなんでそんな・・・オーブの危機管理っていったい(汗)
議長ほくそ笑んでますよきっと。

ところ変わってシン。
今度見つけたら絶対に俺が踏み潰してやる・・・!!
ひいっ!!悪役に磨きがかかってなんだかシンがますます危ない子になってきた予感。
ルナさんもこれには吃驚。シンルナの関係に黒い影?
・・・むしろシンをとめてやってくださいルナおねーさま。


◆キラ・カガリ・アスラン、それぞれの思い◆

キラとマリューさんの会話で、キラにとってマリューさんがたこと、そしてシンにはそのような存在がいないこと、それが2人の決定的な違いなのかもと思いました。

今の僕には何の力もない これじゃあ何も守れない
もう一度守るために立ち上がったキラ。
フリーダムを失い「力がない」と嘆くキラは、カガリやラクスのように言葉で人を動かす立場ではなく、力でその彼女たちを守る、と自分の立場を決めているのでしょうか。
キラの立ち位置はあくまで戦士であって導く者ではないと受け取っていいんですよね?でもそうなると前作での「力だけが僕のすべてじゃない!!」にはどんな答えが出るのでしょう。

キター!!!
アスカガの会話。
久しぶりにまともに会話したんじゃないですかこの2人。

カガリが、メイリンのことを
お前のことが好きなんだよ きっと
彼女のことは ちゃんと私が面倒を見るから

と、さらっと言ってしまえるのはさすがのカガリだと思いました。
カガリはこのおおらかさや、素直さが美点だと思います。
それだからこそ、未だにアスランとの仲が初々しいままなのでしょうが(汗)

対するアスラン。
この人はカガリの前では自分の弱さを見せられるんですね。
そこはキラに対するときと違うところですよね。

嫌だったんだ 何もできない自分が
何かしたかった、止めたかったんだ


アスランはオーブに亡命して、何もできない自分に焦っていた。
カガリは国を背負い、日々奮闘している。では自分は?
この言葉で、アスランの今までの行動の補完ができました。
予想はしていましたが、やっぱりアスラン自身の口から語られてよかったです。(あそこまでおばかにしちゃわないでもよかったという思いはありますが)
しかしここでシンの笑顔を回想するということはシンを引き戻す役割はやっぱりアスランが背負っているのか・・・

3人とも(そしてラクスも)もがいて絶望しかけて、それでも未来を諦めない、その強さが好きです。
たった一人では前を見続けることはできない。
けれども互いに支えあうことで助け合える存在。
彼らは前作で確かにそんな絆を築き上げたはず。


◆メンデルの秘密◆

ラクスが宇宙に留まってプラントにいかなかったのは、メンデルを捜索する為だったのですね。
議長は遺伝子工学の権威だからメンデルに情報があると踏んだのでしょうか。むしろメンデルっていうのでキラの出生の秘密とかそっち方面かと思っていました・・・。
そしてついに出た議長のたくらみ。
その名も DESTINY PLAN

デュランダルの言うデスティニープランは一見今の時代に有益に思える。
だが我々は忘れてはならない。
人は世界のために生きるのではない。
人が生きる場所、それが世界だということを

議長が望んでいるのは今の世界のあり方を反転させること。
世界の調和のために人を操ろうということですか。
議長もまた、平和を思い行動している。その方法はともかくとして。

しかし、このメモは誰が書いたんでしょうか。もしかしてキラの両親とかだったら面白いなあ、なんて思います。
こうやって否定された故に、議長はキラの存在を認められない。
キラはコーディネーターの中でもさらに進化した存在。彼という存在はは世界を今のままで未来に繋げるための希望なのかもしれません。そう望んでキラの両親が彼を生み出したのなら、キラも救われるかもしれない。キラは自分の出生を知ってしまってから自分の存在に希望を持てないように見えるので。
議長のキラへの執着がどういったものかは想像するしかありませんが、何はともあれ彼の思惑も次第に明かされてきました。
そしてキラたちもその思惑に気付き、立場を明確なものにしようと動き始めました。

物語もやっと佳境へ。
・・・もちろんキラ中心で!! ( ;´Д`)


長くなりそうなので、以下、キラ宇宙へ編(?)は別記事でアップします。

Posted by 睡 (sui)
comment:0   trackback:3
[SEED&S・DESTINY
comment
comment posting














 

trackback URL
http://blacksheeep.blog4.fc2.com/tb.php/65-689b2a51
trackback
最近、OPがあまりも番組と合わなくて不満を漏らしながらも、どうせケミファンは大勢いるのだからSEEDファンの人が曲を買わなくても結局ランキングの上位にくい込むだろと思っている全国のSEED-Dファンの皆様さっそく感想に行くしかないじゃないか!
| CODY スピリッツ! | 2005.07.17 15:37 |
「2分?2分で25機ものザクとグフを撃墜したというのか?!」by敵の人ぐはっ。種割れしないでこれって、もう脅威的な強さですね!しかも今回、懐かしのニュータイプ音までさせてた。キラ様の最強っぷりには敵も味方も視聴者もポカーン(゚Д゚)ですよ。まるで普...
| My favorite things | 2005.07.19 03:32 |
やっぱり慣れないあのOP。曲は曲としていいんですが、ガンダムのOPがしっとり始まると不思議な気分になるわけです。OP&ED感想はさておき、本編の感想です。出遅れているので、主要人物に絞っての感想ですよん。  
| Sakura*Blog** | 2005.07.20 21:41 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。