日々の萌えを叫びます。そのとき思ったことをつれづれに 。 過去の記事を整理しました。<091003
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by 睡 (sui)
 
[スポンサー広告
GSD:最後の力(最終回)
レイー!!!!(涙)
そんなかんじの最終回。
これは、レイが主人公だったというオチですか?
・・・というくらい、レイにしか感情移入できなかったです。

間違っても 祝!最終回 とはいえない後始末でしたね。きちんと50話放送されたはずなのに打ち切りになって慌てて完結させたWJの連載のようでした( ´Д`)
更なる疑問が上乗せされて投げ出されてしまった気がするんですけれど。

生き残った彼らがその後どう歩んでいこうとするのかとか、本編で語られるべき終戦後のエピソードもDVD最終巻の映像特典(40分)でお楽しみに☆ってことですか。買えってことですか。
せこいやり方だ・・・。

それでは、一応感想など↓
◆それぞれの結末◆
メインキャラとその周辺を含めた彼らの結末に関しての感想を書いてみました。

>シン
消化不良です。シンとステラの邂逅。
あれによってシンは救われたのでしょうけれど、納得できない・・・てゆーか理解できないよ!な超展開。

昨日があるから明日がある

結局このアニメのテーマの一つを語ったのは、シンじゃなくてステラでした。
シンホントに何のために登場したキャラだったんだよ(涙)

ステラの 昨日をもらったから明日がある(うろ覚え) っていう台詞は要するに、
昨日(過去)の痛みを嘆くことの出来るシンには、同じように明日(未来)を考えて欲しい、ということですか???(アスランの台詞まんまですが)
でもそれを伝える役目をステラが担うというのはちょっと強引じゃないかなと思ったんです。
ステラに「明日」はないでしょう。コレは生きている人間こそが言える言葉でしょう。まあ、シンが素直に言葉を聞ける人間って限られてくるし、絵的にも美しいので仕方ない展開かとも思ってしまうんですけど、せっかくなんだからここはアスランに説得して欲しかったです。ま、時間ないのでしょうがないですよね。
とりあえずシンはこれからもルナとお幸せに、と言いたい。
君の人生はここから始まるんだよ、きっと。

>キラ
レイつれて帰ってあげてよ、キラ・・・!!!
キラがレイをスルーしてひとりで避難しちゃうところ、キラに怒りを覚えた瞬間でした。
そこはレイを連れて帰るとこでしょう(怒)
レイについては後で語ることにして、キラが単身議長のところに乗り込むというのは、ちょっと予想していませんでした。

もともとキラは主人公としての扱いではなく、あくまでも前作主人公としてストーリーを引っ張っていく役割としてみていたので、キラの作中での葛藤などが全く描かれていないのもそれほど気にしていなかったんですけれど。終わってみると明らかに彼が主人公的役割を果たしてましたね・・・。
そんなこんなで心理描写がないおかげで、キラの変化が追いきれていなくて、
僕はただの一人の人間だ! どこも皆と変わらない  とか、
何が彼をそう思えるようにしたのかいまいちわからなかったりと、どうも説得力が欠けていて全然感動できませんでした。もったいない・・・。
キラがこの後どういう人生を歩むのか、想像できません(キラが何に対して覚悟してるのか、はっきりしないので)


>レイ
最終回、レイにだけは、感情移入してしまいました。
それは偏に関さんの素晴らしさによる錯覚なのかもしれませんが、とにかく終盤に来て彼を急に好きになったのは確かです。

命は何にだってひとつだ! だからその命は君だ 彼じゃない!

キラの一言で今までの思いや決意がすべて吹っ飛んで議長を撃っちゃうのはいかがなものかと思うのですが、とにかく時間がなかったわけですから仕方ないよね、とぬるくスルーするとして、
せっかく自分としての人生を踏み出そうとした矢先に、何で死んでしまうのですかレイ・・・(涙)
彼にはたとえ残り少ない命でも、世界にたった一人の「レイ」としての人生を歩んで欲しかったな。

エクステンデットやクローン。世界の被害者たる彼らのうちの誰か一人でも、キラたちの選んだ世界で幸せになるような展開が欲しかったです。この結末、結局キラたちが自分たちに敵対するものを全滅させて反対勢力を黙らせただけ、っていう気がしてなりません。平和への道のりだったとは思えない・・・

レイにはホントに生きていて欲しかったです。
切ない気持ちでいっぱいです。

>議長
タリアさん、あんた子供の為に議長捨てたんだったら、子供の為に生きる選択をしてよ・・・と、まずは言わせてください。
いえ、子供よりも愛する男を選ぶのならば、それもいいでしょう。けれどもそのオトコを一度は捨てて子を得たわけですから、またそのオトコを選ぶという心の変遷というかその辺の葛藤をもうちょっと丁寧に描いて欲しかった。
結局議長を止めることも出来ず、一緒に死ぬだけなんてなんか中途半端な人だなあ、としか思えない。議長としてはタリアと一緒に死ねて、幸せだったかもしれませんけれど。

何をしたかったのかいまいち分からなかった議長ですが、議長は議長なりにレイのことを考えてDプランなんてものを考えたのかな、と思える優しさを最後にレイに見せてくれたのが(私にとって)せめてもの救いでした。

>その他の方たち
アスランとかカガリとかラクスなんて、結末さえ語られてないんじゃないの・・・と感想書いてて思いましたけど(汗)
メインキャラなのになんて不憫な _| ̄|○
まあ、時間なかったんで仕方ない・・・なんて思えません、さすがに。
特にカガリなんて全然出てきませんでしたけどちょっとどうなってんのー!!

いろいろあまりに消化不良で、このまま行くとうっかり特典映像が40分もつくというのDVD13巻をかってしまいそうです。
買っちゃうのはすごい悔しいんだけど精神衛生的に欲しいです。


支離滅裂ですがこんなかんじでおしまいです。
無印がすんごく懐かしくなってきたので久しぶりに見直そうかな(傷心)
Posted by 睡 (sui)
comment:2   trackback:3
[SEED&S・DESTINY]  thema:機動戦士ガンダムSEEDDESTINY - genre:アニメ・コミック
comment
睡さん、こんにちは。
ついに種デス終わりましたねえ。予想上の超展開でしたけどもorz。

>とにかく終盤に来て彼を急に好きになったのは確かです。
私もそうです。レイが自分自身のことを語りだしてから、かなり感情移入してしまいました。だから、あの最期はかなり切なかったです。議長の呪縛を断ち切ったのであれば、レイには短いながらも自分の人生を歩んでもらいたかったです。キラ、どうして置いていくのー!って、ホントそう思っちゃいますよね。

何はともあれ視聴&レビューお疲れ様でした! 睡さんとトラバやコメントのやりとりが出来て楽しかったです♪
2005/10/05 17:32 | | edit posted by さくら
>さくらさま
さくらさん、こんばんは!
ついに終わってしまいましたねデスティニー。
なんだか終わってしまうとそれはそれで寂しいです。もうイライラしなくていいんだなー、と。<さびしいのはそこなのか

最終回には多くを期待していたわけではありませんでしたけれど、それでもレイの処遇には未だ納得できる解釈ができません。あの最後の瞬間、生き延びることを選択できたはずなのに、なぜ死を選ぶ結末になってしまうのか・・・。なぜ誰もレイに生きろといってあげなかったのか。
その辺は最終巻の特典で語ってくれるんでしょうか・・・。

こちらのほうこそ、さくらさんの毎週のデスティニー記事、そして意見の交換を出来ましたこと、とても楽しかったです。これからもどうぞよろしくお願いしますm(__)m
2005/10/05 22:18 | | edit posted by 睡
comment posting














 

trackback URL
http://blacksheeep.blog4.fc2.com/tb.php/88-f7f78992
trackback
FINAL-PHASE「最後の力」終わりました。突っ込みどころ一杯の「ガンダムSEED DESTINY」あまりバンクだのなんだのに気が付かない私でも明らかに分かるバンクの嵐、毎回入る総集編、回想シーン(しかも、ちょっとイラっとくる程長い)。ネット
| ひぐらし日記 | 2005.10.02 13:57 |
最終回、見ました。最後の最後にして何を思えばいいのか良く判らない・・・というのが正直なところです。議長、レイ、タリアという擬似家族的三角形の謎にまるめこまれた感のある終わり方。その謎は何のため?何でも...
| TSUKIMI-TOUDAI | 2005.10.03 05:55 |
サブタイは「最後の力」。ついに最終回。ここまで広げてしまった大風呂敷を一体どうやってしまうのだろうかと、その一点が気になっていたわけですが、予想をはるかに超えた終わり方にポカーン。意外と人死にが少なかったのだけが幸いですかね。えーと…まあ、とりあえず感
| Sakura*Blog** | 2005.10.05 17:29 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。