日々の萌えを叫びます。そのとき思ったことをつれづれに 。 過去の記事を整理しました。<091003
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by 睡 (sui)
 
[スポンサー広告
運命20話
え・・・?? そ う し ゅ う へ ん ?
視聴者を馬鹿にしてるの?というのが見た瞬間の正直な感想でした。
SEEDはビデオで観ますから!!そんな悲しい場面いっぱい持ってこないでー。゚(゚´Д`゚)゚。泣きそうになるから!ふかのうをかのうに…とかあんまりだ。。。
過去のキラは自分で補完しますので新しいキラをください。

シンの視点で語られてたところは主人公としてあんまりにもキャラがたっていなかった彼を知る上でよかったのですが、しかしシンにフラガとかフレイとか全く持って関係ないんじゃーとちょっと話の流れが不自然な感じがしました。
総集編で時間稼ぎってのはわかってますけど。
でも、EDITEDみたいな総集編よりはよかったです。EDITEDやらずにこっちだけだったら何も言うことは無かったんですけど・・・。

<オーブの決断>
オーブはその理念を守り通したかもしれないけど、俺の家族は護ってくれなかった
突然、平和をうたっていた国で戦火に巻きこまれ家族を失ったシン。
確かに、国を憎む気持ち、理解できなくはない。
しかしあのときのオーブの決意は正しかったと私は思いますし、たとえば自国を戦場にしないため連邦と手をくんでいたら世界は本当にナチュラル対コーディネータというどちらかを滅ぼすしかない悲しい世界になっていたでしょう。オーブが最後の防波堤だった。(大局的にだけど)
オーブが唱えていたのは「中立」で、だからこそナチュラルとコーディネーターが共存できる可能性を体現していた。
オーブは正しかったけど、正しいことをしても悲しむ人がうまれてしまう。
戦争という暴力によって正しいはずの決断さえも悲しみを生むジレンマ。
一体この悲しみの連鎖をどこで断ち切ることができるのでしょうか。
今のシンのように、力を求めるだけで断ち切ることがでできるとは思えないので、今後の彼の成長とさまざまな人との出会いに期待をこめて。
やはりまだ感情移入しきれない主人公…(;ω;)

しかし今回はシンという人間の背景と立ち位置を知ることが出来たという点では意味のある回想だったと思います<無理やり意味を見出してみる挑戦。こういう主人公であるシンについてのあれこれは今までの18話分で自然と語られるともっとよかったなーなんて決して思ってませんよ?ニコリ。


次回はお待ちかねのシンとステラ大接近の回ですね。
やっと主人公らしくなってきました(と信じたい)ね。
ステラは何故あんな崖のふちでくるくるしているんですか?
一体どういうシチュエーションなのか気になる・・・


Posted by 睡 (sui)
comment:0   trackback:0
[SEED&S・DESTINY
comment
comment posting














 

trackback URL
http://blacksheeep.blog4.fc2.com/tb.php/9-f6e215eb
trackback
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。