日々の萌えを叫びます。そのとき思ったことをつれづれに 。 過去の記事を整理しました。<091003
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by 睡 (sui)
 
[スポンサー広告
DOLLS・naked ape
最近(と言っても半月くらい前ですが)購入して、かなり私好みの漫画だったDOLLS。気に入って何回も読み返してしまいました。

DOLLS 1 / naked ape
4758051801
世界設定(あらすじ)
特別死刑執行刑務官部隊、通称『特刑』。
それは凶悪犯罪が増加の一途をたどる近未来、被疑者不在のまま死刑判決を下すことのできるRot(Rationalization of a trial )法とともに組織された死刑執行のための特殊部隊。死刑囚を独自に捜査し、時と場所を選ばず断罪する権利をもつ彼ら。あまりにも無慈悲に、そして冷酷に刑を下す彼らを見たものからはいつしかこう呼ばれるようになった――『DOLLS』、と。


naked apeさんの漫画は他にswith(とナルトの・・・)しか読んだことがないんですが、どちらの作品からも陰のある、息苦しいような重い空気が感じられます(悪い意味で無く)。なんて表現したらいいんだろ。儘ならぬ世の中の閉塞感を上手に表現しているというか。

DOLLSの世界は「今」ではありませんが、もしかしたら日本がこのまま悪いほうに進んでいったら未来ってこんな感じになっちゃうんじゃないかしら・・・と読んでいて思ってしまう世界でした。道端で、お店の中で、ところかまわず銃ぶっ放して死刑執行とかしちゃうトンデモナイ特刑の皆さんですが、そんな突飛なはずの設定も「ありえそう」とおもえてしまう、そういうところがこの作者さんたちすごい、と思います(ちなみにお二人で描かれているそうです)。

結構好きなんです。こういう薄ら暗い設定。そしてただ重苦しいだけでなく随所に和み(笑い)要素が挿入されているところがまたいい感じ。

死刑囚を追いかけて追い詰めて殺っちゃうハナシ・・・というと身も蓋も無いんですが、基本はそんな展開。その中に、人の心を失ってしまった凶悪犯の悲しくも醜い姿や、執行官たちの「DOLLS」と呼ばれながらも非情になれない心の葛藤などが描かれています。
演出が上手なんですよね。凶悪犯の犯罪に自分の過去を重ね合わせてしまったり。
やはり一番の見所は、執行官(特刑第1部隊の3人組)たち。何故彼らが常に死と隣り合わせの「特刑」という仕事を選んだのかとか、まだ明かされていない彼らの意味深な過去のトラウマやら気になるポイント盛りだくさんです。

そして御子柴隊長がカッコイイです(唐突)。

お前の正義はどこで判断するんだ?

ううカッコイイ。はあはあ(落ち着け)
「人形」と呼ばれながらも、人としての感情を何よりも大切にする彼の、言葉や行動の端々に見え隠れする過去は一体どんなものなのでしょうか。ひっじょーに気になります。

続きはいつ出るのかな・・・。


amazon覗いてみたら1巻は限定版も発売されているみたい。
(ポストカードブック+限定版のみの豪華装丁)
DOLLS (1) 限定版
どうせならこっち買えばよかったorz

Posted by 睡 (sui)
comment:0   trackback:0
[漫画]  thema:オススメ! - genre:アニメ・コミック
comment
comment posting














 

trackback URL
http://blacksheeep.blog4.fc2.com/tb.php/97-5f6c6edb
trackback
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。